自分自身がデザインし制作したたものを、誰かのために役立てたいという気持ちの人も多く、そういった方がデザイナーを目指します。

ここでは、誰もが目にすることが多く、制作する物の種類も多い、グラフィックデザイナーについて紹介します。

グラフィックデザイナーとは、主にパソコンで、グラフィック系といわれるアプリケーションを使用し、新聞のチラシやポスターなどの広告やお店が出すダイレクトメールなどのはがきなどのデザインを制作します。

その他にもCDジャケットや雑誌のレイアウト、本の表紙のデザイン、雑誌広告、商品パッケージなど本当に多くの種類のデザインを制作することが可能です。

デザイン事務所や広告代理店などのデザイン、DTP部門などで制作することが多いです。


それ以外でも、印刷会社などでもグラフィックデザイナーは活躍しています。


グラフィック系アプリケーションをパソコンで使用してデザインしますが、デッサン、レタリングなどが基本となっているので学んでおくと心強いです。

グラフィックデザイナーになるにはセンスやデザイン力に加え、何かを創造する力も必要です。
最近では、専門学校などでもグラフィック系アプリケーションを使用して授業するデザイン系学科もありますので、そういった学校で学ぶのが確実です。

また、社会人の方でもスクールや通信教育で学ぶことができます。
企業で、様々なデザインを制作し、経験や実績を積めば、グラフィックデザイナーは独立することも可能な魅力な職業です。

http://www.ise-kanko.jp/download/
http://www.kanko-hanamaki.ne.jp/pamphlet/
http://www.ftaj.org/

ショッパーならお任せください。



東京の映像制作会社選びであなたの手助けをします。

映像制作の料金関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

大阪のweb制作を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。